中洲のキャバ嬢はマンション契約が難しいって本当??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャバクラなどの夜の世界で働く女性は、マンションなどの住まいの契約が難しいと言われています。主な理由としては、収入が安定しないということが挙げられます。もちろん、物件を選ばなければ借りれるマンションはあります。

ここでは、福岡に引っ越しをして中洲でこれからキャバ嬢として働こうと考えている方や、昼職を辞めてキャバクラだけにしたけど引っ越したい、そんな時に賃貸マンションの契約の際の注意点や必要なものをご紹介します。

キャバクラ嬢が賃貸契約で気をつけた方がいいことまとめ

中洲のキャバ嬢はどうして部屋を契約しずらいの??

理由はいくつかあげられますが、貸す側の思い込みな理由もあります。借りる側からすると、迷惑な話ですよね。

例えば、夜のお仕事は帰りが夜遅くなりがちなので、みなさんが寝た後に帰宅する可能性が高くなります。夜中の洗濯や掃除、テレビの音など「近隣の住人も迷惑をかける」「収入が安定しないから家賃を毎月払えるのか不安」などの理由です。

これは、職業がキャバクラだからというよりも、人としてのモラルの問題ですよね。ですが、そう思われがちなことは事実です。

また、マンション契約は保証人がいなければ賃貸契約はできません。これはキャバクラだからということではなく、みなさん同じことです。

保証人不要の物件もあるのでは?

もちろん、保証人を必要としない物件や職業も気にしないという物件もたくさんあります。ただし、そう言った物件は相場の賃料や初期費用が高くなっていたり、外国の方がたくさん住んでいたりと、誰でも借りれる物件は安全性も保証されません。(外国の方が多い物件は国柄で価値観やルールが異なるのでトラブルになりやすいという意味合いです)

保証人不要でキャバクラOKだからという理由だけで安易に契約をしてしまうと、入居後にトラブルになることもあります。

キャバ嬢でも親切な対応をしてくれる不動産会社を選ぼう

普段からキャバ嬢の賃貸契約を多く手掛けている不動産会社であれば、様々な状況に対応ができます。契約できる物件のことも詳しい上に、確実に審査を通してくれるので、安全な物件に安心して契約ができます。

ユニバースでは提携不動産会社がありますので、引っ越しの際はいつでもご紹介できます。初期費用も安くしてくれるので、安心ですよ。

中洲で働くために県外から引っ越しを考えている方、夜一本になってしまった方など、賃貸契約に不安を感じている方など、気軽にご相談ください。

マンション契約に必要なものとは?

賃貸契約に必要なものは、運転免許証や保険証などの身分証と家賃引き落としの口座なども必要です。銀行印も必要ですし、保証人が必要な場合は保証人印や保証人の連絡先や勤務先情報や生年月日も必要となります。

その他には、家賃が10万円を超えるような賃貸マンションのように家賃が高くなれば収入証明を求められます。給与明細や源泉徴収票などの所得証明が必要になることもあります。

最後に賃貸契約がスムーズに済んだら、初期費用を振り込む必要があります。敷金・礼金・仲介手数料・前家賃・鍵交換代・火災保険・清掃代など。物件によって様々です。今では分割に応じてくれる物件もありますので、気軽に不動産屋に相談してみましょう。

せっかく住むなら、長く安全に住みたいと思います。お客さんに安易に住んでいる情報などを教えるのは控えましょう。送迎の人やタクシーの運転手に部屋に入るまで見てもらったり、防犯ブザーを用意したりと、女性の一人暮らしは様々なトラブルが考えられますので、注意が必要です。

まとめ

キャバ嬢だから賃貸契約が難しいというよりは、いつもキャバ嬢を契約しているような慣れた不動産会社を選ぶことが大切です。自分では思いつかないことも教えてくれることもあります。

ユニバースでは、安心してキャバクラで働けるようにスタッフのサポート体制が万全です中洲で働きたくて、賃貸の相談もしたい方は気軽にご連絡ください。

関連記事

ピックアップ記事

2018.12.28

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る