キャバクラを副業でしたら会社にバレる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲のキャバクラ一本で生計を立てている方もいれば、昼間のお仕事をしながら、夜は中洲のキャバクラで働いているWワークの方もいると思います。

昼間の職場に副業を禁止されている場合もあると思います。バレると停職や減給、クビになることもあるでしょう。

今回はそんな副業についてお話ししたいと思います。

副業がバレるのは住民税の額が増えるから

会社勤めの方は基本的に給与から天引きされます。自分では払ったことはないと思います。副業は自分で住民税を払うことができます。

副業がバレるそもそもの原因は、確定申告の際に勤め先から天引きされる住民税の額が増えるからです。額が増えていることがバレなければ、基本的に副業がバレることはありません。

副業分の住民税を自分で払うには?

確定申告をする際に、「自分で納付をする」という欄があります。キャバクラなどの副業で稼いだ分は確定申告の際にその欄にチェックをしておけばいいのです。わからなければ、税務署の職員に聞けば教えてくれます。それくらい簡単なことです。

ただし、キャバ嬢は経費がかかる職業なので所得が少なくなる傾向にあります。稼げないという意味ではなく、経費として計上できる額が大きくなるという意味です。

例えば、衣装代やヘアメイク代金、ネイルやマツエクなどの美容代やタクシー代、お客さんへのプレゼントや食事代なども経費として認定されます。

副業で100万近い額を稼いでいたとしても、半分経費がかかる場合もあります。

所得があっても経費が大きければ課税対象額が減ることになりますので、住民税も少額になりますし、所得金額によっては払わなくていい場合もあります。

キャバ嬢が経費として認められるものとは?

名刺代やタクシー代、衣装代などは経費対象です。

美を売りにしている職業ですから、美容サロン代などは経費対象です。化粧品は普段でも使いますので、100%経費として認められない場合もありますが、仕事で使うものとプライベートを分けている場合には経費として認められます。

携帯電話代も経費対象になりますが、1台しか持っていない場合は全額を経費としては認められないこともあります。

こうやって考えると、色々なものが経費となりますよね。普段から何が経費になるかわからない場合には、レシートや領収書は捨てないで月ごとに分けて取ってきましょう。

年収が大きくなればなるほど、確定申告は大変になります。そう考えると、税理士さんに相談するのがいいでしょう。

もちろん、税理士さんに支払う費用も経費として認められますので、節税になります。自分で訳も分からづに確定申告をすると、損をする場合もありますので、専門の税理士さんに相談することをお勧めします。

費用も安いところで5000円から15000円くらいで引き受けてくれます。どこまでやるかで費用も変わってきますので、気軽に税理士さんに相談してみましょう。

確定申告をしなくていい所得って?

本業の所得とは別に、キャバクラで働いた副業収入が年収で20万を超えない場合には確定申告は必要はありませんが、超える場合には確定申告をしなければなりません。中洲で働いていて年間20万以下ということはまず考えにくいので、基本的にはみなさん確定申告が必要だと思った方がいいでしょう。

昼職にバレたくない人は、前にも述べたようにきちんと確定申告を行い、申告書の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」という部分で「普通徴収(自分で納付する)」を選択すれば大丈夫です。

関連記事

ピックアップ記事

2018.12.30

必ず誰でも時給UP!年末キャンペーン!中洲キャバクラ派遣登録スタッフ大募集!

年末は必ず時給が上がります。 全店舗、全員給料アップ! 今が登録のチャンス! 年末は時給アップ! とにかくお仕事がたくさん! ど…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る