キャバクラの給料の仕組みって?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲のキャバクラで働こうと思っている方は給与の仕組みがよく分からない方もいるでしょう。大きく分けるとキャバクラの給与システムは3つに分けられます。自分にあったシステムで効率よく稼ぐことも大切です。

キャバクラ嬢が稼げる職業と言われるのは、時給以外のインセンティブにつきます。時給も昼職と比べると断然高いですが、それ以外にも色々なバックがあるからこそ稼げるのです。

売り上げや同伴、指名数などで時給がアップしたりもします。システム詳細はお店によって異なりますが、大きく分けると3つです。

ポイントスライド制

キャバクラ店で働く際に、必ず付いてくる指名や同伴にポイントを付与して、そのポイントに応じて時給をスライドさせていくシステムです。お店によってポイント数は異なりますし、時給も異なります。

これは売り上げに関わらず、指名や同伴数で時給が上がるので、太客がいないけどお客さんをたくさん持っている人には魅力的なシステムです。

ただし、売り上げには関係しないので売り上げを持っているキャバ嬢にとっては物足りなさもあるでしょう。

売上+ポイント制

売上+ポイント制のシステムは2種類あって、1つは先ほどのポイントスライド制で時給を決めて、売り上げによってボーナスを計上するパターンです。

お客さんをいたくさん呼べるキャバ嬢はポイントスライド制で時給をアップさせて、太客を持っているキャバ嬢は売り上げボーナスを目当てに頑張れます。

お客さんの量と質のどちらも確保できるシステムと言えます。

もう1つは、ポイントスライド制と売り上げ金額によってもポイントが加算されていくパターンです。本指名の回数によってのポイントを保ちながら、売り上げに付いてもポイントを加算するシステムです。こちらも、お客の量と質をバランスよくキープで切るシステムですね。

給率制システム

キャバ嬢の給料が、本指名の売り上げに対しての割合を計算して時給が変わるシステムです。仮に、とある月にお給料が60万だとしましょう。

そのキャバ嬢が本指名で稼いだ売り上げが30万だったとします。60万÷30万=200%となります。このパーセントが給率になります。

給率が100%を超えると売り上げよりも給料が高いので、赤字キャストと呼ばれます。赤字キャストになるとシフトを削られたり時給が下がったり、ペナルティーの対象になります。

給率制では、利率が下がれば下がるほどお店にとってはありがたい存在となります。いわゆる黒字キャストです。黒字キャストになるとインセンティブや時給がアップしたりします。

実力主義のキャバクラでは当たり前のシステムと言えます。

このシステムはキャバクラ初心者には難しいので、ある一定期間は給与や時給が保証されることも多いです。

給率制のお店は高級クラブなどが多く、お店によっては売り上げ上位者のみに給率制システムを適用するお店もあります。

とはいっても、ガンガン稼ぎたいと思ってる人にとってはありがたいシステムですよね。

でも、自分はこういったシステムでは続けられない・・・プレッシャーに耐えられない・・・そう感じるなら派遣キャバクラが楽チンです。

時給は保証されてますので、ペナルティーや売り上げノルマもありません。また、働きたいお店を選べますし、働きたいときに働くこともできます。

ストレスフリーで働けるので、ノルマなどに向いていないと感じるならユニバースへ一度ご連絡ください。

短期長期どちらでも大歓迎です!大学生や主婦の方も活躍しています。週に1回、1ヶ月に1回でも問題ありません。

日払いで全てその日に現金支給なのも人気の理由です。急な出費でお困りの際は是非ご連絡ください。

登録した日に働くことも可能です。ご連絡お待ちしております。

関連記事

ピックアップ記事

2018.12.28

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る