中洲のキャバクラで体験入店したら何をするの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲のキャバクラで働いてみたいと思っている方は、体験入店のことはご存知だと思います。中洲のキャバクラで未経験者も経験者も新しいお店で働く際は、まず体験入店をします。

そこで、今回は体験入店についてご紹介しますので、キャバクラ未経験の方は是非参考にしてくださいね。

そもそも体験入店って何をするの?

体験入店とは、その名の通り数日間お試しで働いてみるということです。1日だけの場合もありますし、2〜3日だったり日数はお店との話し合いで決まります。

もちろんお試しなので、実際働いてみて自分に合わないと感じれば働くことをやめることもできます。

体験入店では、他のキャストの女の子と同じようにドレスを着て、お客さんにお酒を作ったり、楽しく会話をします。未経験の方は「ドレスなんて持ってない!どんな風にお化粧したらいいかわからない!」という場合も、レンタルドレスがありますし、メイクさんがヘアメイクを担当してくれるので安心です。面接当日からそのまま入店できるお店もあります。

着替えとメイクが終われば、スタッフから簡単なお仕事の説明があると思います。お客さんの席に着いたら、あいさつの仕方、水割りの作り方からおしぼり交換や灰皿交換のタイミング、ドリンクの頼み方、タバコに火をつけるときの注意点などを一通り教えてくれるはずです。

これはどの店でも同じですし、キャバクラ派遣の場合は派遣会社が教えてくれます。

研修が終わったら、いよいよお仕事開始です。スタッフに「○○さん、お願いします」と声をかけられた席へ向かいます。源氏名は自分でつけることもできます。同じ名前のキャストが既にいるかもしれませんし、初めはお店にお任せしてもいいかもしれません。どんな名前を付けてもらえるかも楽しみですね。

席に着いたら、他の先輩の女の子がいるときもあるでしょう。水割りを作ったり、タバコに火をつけたり、灰皿を交換したり・・・、先輩が実際にやっている動きをよく観察して真似しましょう。慣れると、自分一人で席に着いたときにも落ち着いて行動できるでしょう。

なんで体験入店の制度があるの?

一番の目的はそのお店が自分にあっているかどうか、続けていけるかを自分自身で見極めることができます。

その逆で、お店側もお店に合うのかどうかや時給を決める判断の目安にもなります。

一言でキャバクラといっても色々なお店があります。18歳から20歳前半の子ばかりいるお店や、経験豊富なキャバ嬢がいるクラブなど、自分に合う雰囲気のお店かどうかを判断する期間があるのは、お店と女の子にとってとても良い制度です。

実際に働くと、スタッフや同じキャストにどういう人がいるのかの判断にもなります。面接だけではわからないことも体験できるので、まずは中洲で働くことを考えている方は、体験入店がオススメですよ。

体験入店のお給料は??

働くお店にもよりますが、時給2000円程度くらいからが多いです。お給料はお仕事が終わったら手渡し現金でもらえます。

体験入店でその店で働くかどうか迷ったらどうする??

体験入店は基本的に1日ですが、それでは自分に合っているのかどうか決めかねる場合は、その旨を伝えて数日伸ばしてもらうことも可能です。もちろんお店によりますが・・・。

また、色んなお店で体験入店をしてみるのもおすすめです。その中から自分に合ったお店を選びましょう。

まとめ

体験入店は、女の子とお店のマッチング制度です。未経験の方や経験者もみんな体験入店を経験して本採用になります。実際に働くことがでくるので、「こんなはずじゃなかった」とならないように、是非気軽に体験してみてください。

関連記事

ピックアップ記事

2018.12.30

必ず誰でも時給UP!年末キャンペーン!中洲キャバクラ派遣登録スタッフ大募集!

年末は必ず時給が上がります。 全店舗、全員給料アップ! 今が登録のチャンス! 年末は時給アップ! とにかくお仕事がたくさん! ど…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る