色恋営業の問題点と友達接客に切り替える方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲のキャバクラで働くには、色恋営業は避けて通れません。色恋営業(色恋接客)とは、お客さんに純粋な恋愛をしていると錯覚させる方法です。キャバクラで稼ぐためには必要なスキルともされています。ですが、実は色恋営業のままでは、危険性も指摘されています。色恋営業はいつかは友達接客へと切り替えていかなければなりません。

ここでは、キャバクラでの色恋営業がそのままではなぜダメなのか、色恋営業から友達接客に切り替えるためにはどうしたらいいのかを解説したいと思います。

まずは色恋営業の問題点

一番のネックとも言える理由は、本気になられてしまうと、お客さんとしてお店に来てくれる期間が短くなります。短期的な売り上げもよくはなります。お客さには惚れてもらった方が、当然お金をたくさん使ってくれるからです。しかし、お客さんと本当にお付き合いできるわけではありませんよね。

そして、いつか恋心にも終わりがきてしまいます。その結果、あなたが恋愛対象としてみてくれていないと悟ったお客さんは、もうお店には来なくなってしまいます。しかも、二度と来てくれなくなってしまうこともあります。

キャバクラで働き続け、稼いでいくためには、息が長いお客さんになってくれる人を捕まえるのが大切です。色恋はあくまで短期的な稼ぎにしかなりません。

いかにして色恋から友達接客に切り替えるのかを考えるべきなのです。色恋から友達へスムーズに移行できれば、今後もお客さんとして長くお店に来てくれます。

色恋営業から友達接客に切り替える方法「皆で盛り上がる!」 

今までの色恋営業から、いきなり友達接客に切り替えるのは難しいので、徐々に切り替えていくことが必要です。

まず、すぐできる事といえばヘルプの女の子を付けて皆で楽しむような場面を増やすことも一つの方法です。複数で盛り上がるのを楽しいと感じてくれるお客さんであれば、その場を楽しんでくれます。

また、たくさんの女の子に囲まれていれば、お客さん側には二人だけのときよりも気持ちの余裕が出てきます。他の女の子とも喋るので、あなたへの執着を少しの間忘れてくれるかもしれません。黒服やキャストたちに協力してもらいましょう。

色恋営業から友達接客に切り替える方法「予防線を張る」

お客さんに恋愛感情抜きにして大切な人だという事を伝えておくことも大切です。必要以上に口説かれないように予防線を張っておきましょう。

色恋営業から友達接客に切り替える方法「上手に断る」

いろいろな方法を試して、お客さんが諦めてくれない場合には、最終手段となるのが、「お付き合いはできない」とはっきりと伝えてしまうことです。何度もしつこく告白されてしまう場合には、はっきり伝えるのが一番ですが、断り方が重要です。幾つかのパターンをご紹介します。

「まだこのお店で仕事を続けたいので、今はお付き合いはできない。」 「彼氏と別れたばかりで今は誰ともお付き合いする気になれない」「夢のために今の仕事をしているからまだ辞めるわけにはいかない」など。

要は、お客さんのことを理由にせず、嫌いではないけど付き合えない、とはっきりと伝えてしまうのです。その上で縁が切れてしまったら仕方ないと諦めましょう。

色恋営業から友達接客に切り替える方法「私を応援してほしい」と伝える

キャバ嬢にのめり込んでしまうお客さんは、女性慣れしていないか、あまり遊び方が上手とはいえません。

色恋を求めてくるお客さんには、特にこの仕事で成功したいということを真剣に伝えるのが得策です。キャバ嬢として成功するためには、一人に対してだけ時間を割くわけにはいきません。たくさんのお客さんに応援してもらわなければナンバーワンにはなれないのです。

「私を思ってくれるのなら、成功のために、私を応援してください」「協力してください」と優しく伝えてみましょう。本当に気持ちのあるお客さんなら、そこで一歩引いてくれるはず。怒るだけのお客さんは、あなたのことを本当に思ってくれてはいないのいで、そこは諦めて次の新規のお客さんを掴みに行きましょう!

色恋営業から友達接客に切り替える方法「期間をあけて連絡してみる」

例え色恋営業から友達接客に切り替えがうまくいかないと思っても、気にする必要はありません。そういうお客さんは、違うお店でまた同じ失敗を繰り返し、キャバクラでの遊び方を学ぶようになります。半年後などに連絡すれば、お客さんとして成長した姿を見せてくれるかもしれませんよ。

関連記事

ピックアップ記事

2018.12.28

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る