キャバクラとクラブの違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲の飲み屋で派遣でお仕事をする際に、どんなお店で働きたいのかとお店のジャンルをみなさん考えると思います。

その中で、キャバクラとクラブの違いって何?と思ったことはありませんか?

中洲の飲み屋には色々なジャンルがあります。

キャバクラ、クラブ、ラウンジ、スナックなど、様々です。
この違いがよくわかっていない女性も多いでしょう。

でも、実際自分が働くとなると違いが気になりませんか?

そこで、ここではそれぞれの特徴などをわかりやすく解説していきますので、中洲で働く際にはぜひ参考にしてみてください。


中洲のお店ジャンル解説まとめ

キャバクラ


キャバクラとは、若い女性が客席について、男性客を接待するお店のことです。
基本的にはお酒を飲んで楽しくおしゃべりすることを目的としたお店です。
キャバクラでは、女性へのおさわりは厳禁で、キャバクラ嬢に対して性的に触れる事はNGです。

おおよその金額は、地域差もありますが60分で6000~9000円程度と少しお高めで、料金は時間制となっています。
中洲では早い時間であれば早割が適応されるケースも多いようですね。

男性の飲むお酒は、ハウスボトルと言って、料金に含まれているお酒か、別料金でビールやシャンパン、ワインなどを頼む事もできます。

ホステスであるキャバクラ嬢が飲むお酒は料金には含まれていないので、男性から了承を得たら別料金で飲むことができます。
一杯1000円程度が主ですが、女性の飲んだお酒が歩合でお給料に反映されることが一般的です。

お酒の場であるので、酔って気が大きくなり手荒くなるお客もいますが、そのため強面の男性スタッフなどを雇っている事もあります。

キャバクラは、あくまでも接待して男性客に楽しくお酒を飲んでもらうお店と認識してください。


ラウンジ


ラウンジはキャバクラと同様に、男性のお客様にお酒をついで楽しくおしゃべりをすることは変わりはありません。ですが、定義がとても曖昧です。地域によって意味合いが変わってきます。

ラウンジは客室やロビーなどの意味があり、そこから派生したこともあって、ゆっくりとした店内で接待するお店という意味合いがラウンジと定義されています。

地域差もありますが、ラウンジはキャバクラのようにホステスが接待する場でもありますが、バーのように飲むお店でもあります。

ラウンジは、キャバクラと何が違うのかというと、キャバクラが時間制の料金い対して、ラウンジの多くはチャージ料金という席代のようなものと、お酒は一杯ずつの料金であったりボトル1本からの注文の所がほとんどです。

そのため、高級なお店でない限りはキャバクラよりも長く楽しみたいという方であれば、ラウンジに行く方が1時間あたりの料金は安く済む事が多いでしょう。

また中洲のラウンジにはカラオケがついているお店もあります。

結局のところはキャバクラとほぼ同じで、料金体制が違うだけでホステスが接待する事に変わりはありません。

ちなみに、働いている女性は地域にもよりますが、ラウンジの方がキャバクラよりもやや年齢層が高めで、20代半ばから30代半ばごろの女性が多いようです。


クラブ


クラブは、キャバクラに比べて高級感を売りにしているのがお店の特徴です。

お店に置いてあるお酒も、キャバクラよりも高めの銘柄が多いです。
在籍しているホステスは、キャバクラの女の子と同様に綺麗な人が多いですが、ギャル系の女の子はほとんどいません。どちらかといえば、落ち着いた雰囲気の女性が多い傾向にあります。

お客様も裕福な男性が多いので、ホステスも知的なタイプの女性が中心で、年齢層もキャバ嬢より高めな事が多いです。

また、キャバクラのように賑やかに騒いで楽しむというよりは、ゆったりと寛ぎながら接客をします。

しかし、決定的にキャバクラと違うのはほとんどのクラブが会員制だということです。

キャバクラでは一見さんでも、問題ありませんが、クラブの場合には一見さんはお断りされてしまうことがあります。
初めて入るお店では会員になる必要があるのです。

そして、高級クラブになると、既に会員になっている人からの紹介がないと、新規で会員になれないところもあるくらいです。

クラブは身元のしっかりした人でないと、利用できない仕組みになっています。

その事もあって、客層は富裕層で落ち着いた方が多いという理由になります。

クラブで働いているホステスは、キャバ嬢と比べると、全体的に年齢がやや高めで、30代前半くらいの女性が多く、40代のホステスもいます。

キャバクラと同様にドレスを着て接待をすることがありますが、お店によっては和服を着て接待するところもあります。

そして、クラブにはママがいるという点で、キャバクラと大きく異なります。

ママとはスナックなどにいるママとほぼ同じで、お店を取り仕切っている女性のことです。

比較的年齢の高い女性がママをやっていることが多いです。そして、クラブの利用客は政界や財界で高い地位に就いている人が中心です。

キャバクラでは20代から40代の比較的若いサラリーマンが中心ですが、クラブにおいては40代中盤から60代の人が多いです。また、会員制であるため、来店する人はみんなママと顔なじみです。

働く際は、キャバクラなどに比べると面接も厳しい傾向にあります。働くホステスの時給もキャバクラなどに比べると、高いのが相場です。


スナック


スナックは、一番わかりやすいかもしれませんが、客層も働いてるキャストも年配のイメージですよね。客層もほとんどが40~60代です。

一般的には、ママと呼ばれる店主がいて、その他の女性従業員がいるというのがほとんどです。キャバクラなどと違い、一般的なスナックでは、客席につく事はあまりなく、基本的にはバーのようにカウンター越しの接客がメインとなりますが、大きなスナックになるとBOX席と呼ばれる席でお客の隣に座る事もあります。

スナックでは、軽食を出すお店も多く、ママの手料理を振舞うお店もあります。

実際に、女性が働くイメージが多いですが、男性の店主がいて、従業員も男性しかいないスナックもあります。

また、スナックの多くはカラオケがついているお店が多くあります。

男性目線から見ると、キャラクラやラウンジとは違いスナックは、やや自由度が高く、お酒を飲むのも自ら飲む事も多いので恋愛などにも発展しやすいかもしれません。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.12.1

登録スタッフ50名大募集!全店舗、全員給料アップ!

登録スタッフ50名大募集! 年末は必ず時給が上がります。 全店舗、全員給料アップ! 今が登録のチャンス! 年末は時給アップ! …

ページ上部へ戻る