中洲のキャバクラで働くのは派遣の方が断然人気な理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲のキャバクラで働くのは、お酒を飲まなければいけないお仕事なのでとても大変です。ましてや、お客さんもお酒を飲みますから酔っている可能性が高いので、酒癖の悪いお客様だと接客は尚更大変ですよね。

さらに、普通の飲食店などとは違ってキャバクラはお客様が高いお金を払ってお酒を飲みにきているので、楽しんでもらうために接客する側はそれなりに精神的に大変です。

それに加えて、店からの売上ノルマや出勤ノルマ、同伴ノルマなど様々なノルマがありますので、キャバクラ嬢としてやっていくのは強い精神力を持った女性ではないとなかなか続けていくことは厳しくなります。

甘い考えでキャバクラで働こうとして、厳しい世界なので自分が思った世界と違うと辞めていく人も数多くいます。

それとは逆にキャバクラが天職となり、月に数百万円稼ぐ方もいますが、それは全体のキャバ嬢の中のほんの一握りの方です。

多くのキャバクラ嬢はそんなに稼げません。ノルマを達成できないと、もちろんお給料も下がります。出勤が減らされて事実上のクビになる方もいます。

そんな理由もあって気楽にはじめられる手軽さと、自由シフトで昼間のお仕事と掛け持ちのWワークとしてもキャバクラ派遣を選ぶ方も多いのだと思います。


キャバクラ派遣で働く方がノルマなしのストレスフリーで働ける可能性が高い


直接雇用としてキャバクラ店に雇われてしまうと、そのお店がノルマや厳しいルールがあったとしても、辞めるまで頑張り続ける必要がありますし、辞めるまで精神的ストレスに耐える必要があります。

ですが、キャバクラ派遣の場合は毎回違うお店に派遣されますので、厳しいお店だったり自由度の高いお店だったりします。お店によって当然合う合わないが出てきます。

でも、キャバクラ派遣であれば自分に合わないと思ったお店には次回から行かないという選択もできます。これが大きいですよね。

しかも、厳しいキャバクラ店でも自由なキャバクラ店でもお給料は変わりません。また、悪徳店や優良店であるかも直接雇用であれば面接や体験入店で自分で見極める必要があります。

※体験入店と派遣の違いについての記事はこちら

ですが、キャバクラ派遣であれば派遣会社が事前にちゃんとしたお店なのか調査をしているので、はじめから優良店で働けると思っていいでしょう。

後は、お店の雰囲気や働いているキャストの女性との相性やボーイさんなどのスタッフさんとの相性になります。

キャバクラ派遣であれば売上ノルマや厳しい出勤ルールなどから解放されて、自分が働きたい時だけ好きなお店で働ける。

そんなストレスフリーなのに、お昼まや居酒屋の時給の数倍の時給で働くことができます。時給は派遣先で変わりますが、3000円などはザラです。

なるべくプライベートを優先して働けるのがキャバクラ派遣の最大のメリットと言ってもいいでしょう。

あなたは本職のキャバクラ嬢と派遣キャバクラ嬢、どちらのタイプですか?


関連記事

中洲のキャバクラで体験入店したら何をするの?

そもそもキャバクラ在籍と派遣はどっちがいいの?

関連記事

ピックアップ記事

2018.12.28

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る