中洲のほとんどのキャバクラ嬢は枕営業するって本当??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲のキャバクラには毎日様々な目的でお客さまが来店されます。

接待で利用する方、仲間とみんなで盛り上る方。そして、一番はキャバ嬢を口説いて自分の女にしたい。やりたい!などの目的で男性のお客様は来店されるでしょう。

その中でも圧倒的に多いのが、「口説いて彼女にしたい」「お持ち帰りをしたい」という男性でしょう。

多くの男性は自分のタイプのキャバクラ嬢がいたら口説くのが当たり前といえば当たり前ですよね。

そんな口説いてくる男性をいかに交わしながら次回の来店に繋げれるのかがキャバクラ嬢の腕の見せ所になります。

お金をたくさん使ってくれる、いわゆる太客と言われるお客様と肉体関係を持つキャバクラ嬢も多いのが事実ですが、一切お客様と肉体関係を持たずに稼ぐキャバクラ嬢もたくさん存在します。

この違いは、極論を言えば自分次第と言えます。お店から強要されることはありませんから、お客様をつなぎ止めるのに体を使うかどうかは自分次第ということですね。

でも、キャバクラの派遣になると売り上げは関係ありませんから、お客様をつなぎ止めなければならないということはがありません。

それもあって、売り揚げの為に派遣でお客様と肉体関係を持つ人はいないと言っていいでしょう。あくまでも枕営業という意味ではです。

個人的にタイプの人がいてお客様と個人的なつき合いをする人もいるとは思います。経済的に裕福な人も多いですし、魅力的に見えるのも仕方ありません。

派遣嬢は同伴やアフターに行くことがないので、連絡先を交換することも基本的にはありません。もちろん、お店から交換NGが出ていない場合ですが、よほど個人的にタイプのお客様で連絡先を交換していれば別の話ですが、連絡先交換ですら自己判断になります。

派遣嬢の主な役割は、レギュラーの女の子のヘルプがメインです。例えば、指名の女の子が別テーブルにいっている間にお客様の接客をしたり、お酒を作ったりするのが仕事です。そのことからも同じお客様にずっと付いて接客することも少ないのです。(もちろんお店によりますが)

そう考えると、売り揚げに関係なく同伴やアフターもない派遣嬢の方が断然楽チンですよね。

そして、多くの男性客はプロっぽいキャバクラ嬢よりも素人っぽいキャバ嬢を好む傾向にあります。

キャバクラ嬢と派遣嬢に共通して言えるのですが、バリバリのキャバ嬢よりもお昼に仕事をしていたり、素人っぽいキャバ嬢を好む男性が多いということです。

例えばですが、「つめしぼください!」みたいな専門用語を多用するキャバ嬢よりも、「冷たいおしぼりお願いします」とボーイさんにお願いするキャバ嬢の方が男性は好みます。

ですから、もしあなたが中洲のキャバクラ未経験で専門用語がわからなくても、普通の言葉で大丈夫なんです。

最低限の専門用語は派遣会社のスタッフが教えてくれます。未経験でも自然体で接客をすれば待ったく問題ありません。

キャバクラ派遣の実に70%近い女性が未経験です。学生や昼色メインで働いている方やシングルマザーの方など様々です。

もしあなたが短時間で稼ぎたくて、男性客と面倒なやり取りをしたくないと思っているなら、中洲派遣で決まりです!

年末にかけて誰でも時給アップになりますので、迷っているなら今がチャンスですよ!

関連記事

ピックアップ記事

2018.12.28

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る