こんなキャバ嬢はお客さんに嫌われる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャバクラのお仕事は気軽に働けるお仕事ですが、せっかくならお客さんに好かれる人気キャバ嬢になりたいですよね。指名や同伴がなかなか取れないと悩んでいるキャバ嬢の方も多いでしょう。なぜ指名や同伴につながらないのか?

それは知らず知らずのうちにあなたが嫌われる行動をとっているかもしれません。

ちなみにお客さんから嫌われるキャバ嬢のNG行動をまとめましたので、参考にしてみてくださいね。

お客さんの話の腰を折る癖がある

会話の途中でも何か思いつくとすぐ口に出してしまうという人はいませんか?そもそもお客さんがせっかく話をしてくれているのに中断させるのは失礼ですよね。

あくまでも主役はあなたではなくお客様です。

そういうことを無意識にやってしまっているのかもしれません。一度、自分の言動を見直すことも大切です。

文句や愚痴ばかり言う

口を開けば人間関係や仕事の愚痴ばかりで暗い話になる人は、キャバクラでなくても人にモテませんよね。お客さんの愚痴を聞いて励ますことが大切ですから、逆になってしまっては本末転倒です。

自分に話を振られたら、明るい話題をすることを心がけましょう。

自分中心の話ばかりしない

あくまでもお客様を盛り上げるのが基本ですから、どうでもいい自分の話ばかりして、お客さんに水を向けないのはキャバ嬢としてはNGです。よく喋る人や口下手なお客さんなど様なタイプのお客様がいますので、お客様自分の話をしてくれるように工夫しましょう。

いただいたお酒を残してしまう

ドリンクを頂いて、すぐに次の席に移ることになってしまった時、お酒を飲みほしてから席を立つのを忘れないでください。お客さんにお金を遣わせているのですから、全部飲むのが礼儀えです。

みっともない酔い方をしてしまう

お酒に弱いキャバ嬢はたくさんいますが、可愛く酔えるのであればお客さんもよ盛り上がるでしょう。でも過度にはしゃいでしまうと、自分が楽しいだけで周りがしらけてしまうこともあります。

泣き上戸、笑い上戸になる人も要注意です。不安な人はスタッフに気をつけてみてもらうようにしましょう。

カラオケで周りが見えなくなるもの注意

カラオケになると人が変わったようになる人もいますが、どんなにカラオケが好きでも空気を酔えないような高度はNGです。

カラオケこそ、お客さんを立てなければならない場面です。自分は盛り上げ役に徹して、お客さんが気持ちよくなれるような空気を作りましょう!あくまでもお仕事でのカラオケをいうことを忘れてはいけません。

カラオケでお客さんに歌うことを強要するのは絶対にやめること!

カラオケは全員が好きというわけではありません。その場で一緒に盛り上がっていたとしても、歌うのが好きではないお客様も存在します。お客さんを立てなければと、歌うことを強要するのはやめましょう。一度「歌わないんですか?」と聞いて反応があまりよくない場合はもう歌うことを強要することはやめましょう。

同伴やアフターでの注文はお客さんに任せること

大体の同伴やアフターではお客さんが「好きなものを頼んでいいよ」と言ってくれると思います。でも「好きなものを頼んでいいよ」と言われたからといって、本当に高額な好物を注文するのはNGです。

必ず、お客さんが注文を決めるのを待ちましょう。

指名が被っても他の席の方が明らかに楽しそうにしているのはNG

お店にいると他のお客さんと被る事があります。自分のお客さんが来たときには、つい嬉しくなってテンションが上がると思います。確かにその方がお客さんも喜びますよね。

でも、店内に他の指名客がいる時には、過度なリアウションにならなよう気をつけましょう。自分が指名したキャバ嬢が、他の席に移ってテンションが上がってるのを見るのはあまり気分が良いものではありません。

まとめ

基本的に主役はあくまでもお客様だということを忘れてはいけません。お客さんが自分を褒める言葉の何倍もお客さんを褒め倒すのが基本です。また、常に自分を客観的に見る力を養いましょう。お客様が気分良く帰ってもらえればまたお店に来てもらえるでしょうし、同伴も指名もしてくれるでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

2018.12.28

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る