灰皿交換とキャバクラ専門用語集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲の飲み屋(灰皿交換編)

中洲の飲み屋で働く際に、必ず気をつけなければいけないのが灰皿の交換です。
アイコスなどが流行っているので、タバコに火をつけるのも少なくなってきていますが、まだまだタバコを吸うお客様が多いので、常に気をつけておかければならないポイントです。
ここでは、写真付きで灰皿交換のポイントを簡単に解説していきます。

【STEP.01】


タバコを吸うお客様には灰皿を、手元にだしてあげましょう。

【STEP.02】


タバコにライターで火をつける際は、必ず両手を添えましょう。 他にも、「他店のロゴ」が入っている様なライターは使用しては、いけません。

【STEP.03】


灰皿の交換のタイミングが悩みますよね。基本的にはタバコの吸い殻は、2本たまったら交換しましょう。 

【STEP.04】


「灰皿交換」は使用していない新しい灰皿を、使用した灰皿の上からかぶせて「灰が飛ばないように」フタをします。

フタをしたら、灰がテーブルに飛ばないように汚れた灰皿を回収しますが、交換する灰皿がグラス、チャームなどの上を、通過しないように注意しましょう。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.10.17

おいしいお酒の作り方講座

中洲の派遣のお仕事をする際に覚えておいた方が良いお酒の作り方をご紹介します。お店によって若干異なる場合があるかもしれませんが、基本的なお酒の…

ページ上部へ戻る