中洲の飲み屋で働く際に、しつこく触れたらどうする?連絡先を聞かれたらどう断る?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲の飲み屋で働く際に気になる事といったら、お触りと連絡先を聞かれることですよね。

そんな困るシュチュエーションをうまく交わす方法を御紹介します。

お触りを交わす方法とは?

キャバクラやクラブでの接客は隣に座る事もあるためにお客様との距離が近くなるうえに、お客様はお酒を飲んでいるので、触ろうとしてくる方もいます。

その際に、あからさまに嫌がるとお客様の気分を害してしまうので得策ではありません。そんな際の対処法は?

■しつこい客は手を握る

胸やお尻などを触られたくない場合には、手を握ってしまうのも一つの手です。物理的に触られない上に、お客様も気分を害する事もありません。
手も触りたくない!という場合には、キャバクラやクラブではなく、カウンター越しの接客スタイルのガールズバーやスナックで働く事をお勧めします。

■膝つけて正面にくる

もう一つの方法としては、お客様に対して膝を正面につけて座る方法です。そうすると、体との距離は保てるので胸やお尻を触る事は難しくなります。


お客さんに連絡先を聞かれたらどうする?

中洲の飲み屋で働く際に、気になることがお客さんに個人的な連絡先を聞かれたらどうしたらいいの?と心配することもあるでしょう。

はじめて中洲の派遣に登録をする方で、中洲初心者の方は特に心配ですよね。

LINEや電話番号を聞かれることは日常的な事といってもいいでしょう。

そんな対処法をいくつか紹介したいと思います。

元々派遣でお仕事をする際には、席に携帯を持っていきません。その上でいくつか対処法を紹介します。基本的には相手の連絡先を聞く事です。

■名刺をもらう

名刺を持っているお客様なら、名刺をもらうのも一つの手です。名刺に携帯番号などを書いてもらうか書くのもいいですね。

■こちらから聞く

お店終わって連絡します、後で連絡しますなどを伝えてそのままにするという手もあります。派遣の場合には同じお客様につく事はほぼありませんので、また同じお客様に会う事はないと言っていいでしょう。

■次また来店してくれたら

「今度来てくれたらLINE交換しましょう」「また今度指名してくれたら交換しましょ」というのも手です。先ほどご紹介しましたが、同じお客様の席につく事はほぼありませんので、無視もできます。

お触りも連絡先の交換の対処法をいくつかご紹介しましたが、経験を重ねていくと自分流の対処法が自然とできてくると思います。

関連記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

2017.12.1

登録スタッフ50名大募集!全店舗、全員給料アップ!

登録スタッフ50名大募集! 年末は必ず時給が上がります。 全店舗、全員給料アップ! 今が登録のチャンス! 年末は時給アップ! …

ページ上部へ戻る