中洲キャバクラで指名がどんどん増える裏技!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲のキャバ嬢として働くことを考えている方は、お店に雇ってもらったとしても、指名をもらえなければ、お店では生き残っていけません。結局はいかに指名が取れるか鍵になります。

遊びのキャバとは?

夜のお店に来るお客さんには必ず「遊びのキャパ」というものがあります。
人それぞれ「この金額を超えたら生活に響く」「仕事に支障をきたす」という経済的・時間的なキャパを持っているのです。

そのためキャストはお客さん1人ひとりの遊ぶキャパを十分把握したうえで接客・営業をしていくことができるようになることがとても重要です。

そのキャパ内で他のキャバクラや風俗などで遊んだりするお客さんも少なくありません。

そのため指名のお客さんがある程度常連客として定着してきたときにはお客さんの経済的・時間的キャパの中であなたの店で使ってもらうお金と時間の割合を増やしてもらう考え方が重要ですのでしっかり把握しておきましょう。

自分の店で囲う

たとえば、月にあなたの店へ2回、他の店へ3回というペースで通っているお客さんであれば、あなたの店へ4回、ほかの店へ1回という割合にシフトしてもらうことができるようにするのです。

つまり、あなたが働いているキャバクラをメイン(ホームポジション)にしてほかのキャバクラやほかの遊びは″息抜き″という形にしてもらうということです。

他の店に行かせない方法

ではどのようにしてお客さんに自分の店をホームにしてもらうか、ということになるのですが、一番手っ取り早くて効果的なのは「ヤキモチ」です。

男は女性からヤキモチをやかれると嬉しい生き物なのです。なぜなら、「ヤキモチをやく=自分のことが好き」という公式が男の中には勝手に出来上がっているからなのです。

お客さん(男の人)の立場からすれば単純に指名キャバ嬢、つまりお気に入りの女の子にヤキモチをやかれるというのは嬉しいものなのです。

また、キャバ嬢側から考えてもそのお客さんに恋心を抱いている・いないに関係なくある程度常連になったお客さんがほかのキャバクラにも行っていると聞くとおもしろくないでしょう。それと同じです。

でもヤキモチはほどほどにしましょう。男はしばられると逃げたくなる生き物です。ヤキモチはやくけれど縛りつけない程度にすることが重要です。

また、あまりヤキモチが過ぎると、「そこまで言うならちゃんとつき合おう。そこまでしてくれるなら、ほかの店には行かない」などと勘違いして調子に乗ってくるお客様もいます。

このあたりのサジ加減が重要です。

理想は可愛いやきもち

「ヤキモチをやくなんて、かわいいなあ」「ほかの店に行くのはちょっと控えようかなあ」
と思わせる感じのヤキモチをやかせることが重要なのでコツをつかみましょう。

でも、そういうのが面倒くさい、指名とか売上ノルマが無ければ中洲のキャバ嬢として働きたい!そうお考えの場合は、中洲派遣がオススメですよ。その際は、お仕事に困らないユニバースにお任せください。他社では待機になってしまう時間やあなたでも、ユニバースならお仕事がたくさんあるので、すぐに希望通りに働けますよ!

関連記事

ピックアップ記事

2018.4.9

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー3名急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る