中洲キャバ嬢に向いてる人、向いていない人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲のキャバ嬢として働く際に、自分は向いているのか向いていないのか気になるところですよね。

キャバ嬢に向き、不向きはないんです!!!

まず、キャバ嬢に必要なものはなにか?話し上手、聞き上手、マメさ、スキンシップ、営業力などなど、たしかに、挙げるとキリがありません。

ということは、よく考えてみてください!「キャバ嬢に必要なもの」を全て兼ね揃えているキャバ嬢なんて、ほぼいないと言えます。

いたとしたらそれは、よぽどの生まれ持っての天才だと思います!!こういう方もごく少数ですが存在しますが、ほとんどは普通の方です。

そのような全てのスキルを兼ね揃えてこそキャバ嬢として「向いている」とは言えますが、ほとんどの方はそんなスキルなんてもっていません。


正解は自分で決めよう

キャバ嬢の世界、仕事のやり方に100%明確な正解なんてものは存在しません。どんな子もそうですが、お客さん1人1人によって正解は変わるんです!

「このお客さんにはこういう接客を」という正解は自分で最終的に決めると良いのではないかと思います

唯一正解があるとすれば基本のマナーくらいでしょう。
これに関しては最初から完璧な人はいませんし自然と身についてくるものなので安心してください♪何回も失敗しても、試行錯誤を繰り返して正解を導くことが大事なんです!


キャバ嬢=女優

向いていない、と思う人はもしかしたら“素の自分”が抜け切れてないのかもしれませんね。キャバクラはお客さんに非日常を楽しんでもらう場(提供する場)なのです。

その場で素の自分を出してしまうと上手くいかなくなってしまうものです。まずはキャバ嬢としてのもう一人の自分になりきることが大事です。

「私はキャバ嬢の役を演じている女優なんだ」くらいの意気込みの方が成功するのではないかなと思います。仕事と割り切って役になりきることをオススメします。逆に疲れてしまいますからね。

あとは、向いていないと思うとなかなかシフトを入れたくないと思う女の子もいると思いますが、逆にそういう時ほど積極的にシフトを入れましょう♪

数をこなしてキャバ嬢としてのもう一人の自分に「慣れる」ことが大事なんです!


お店が合っていないのかも?

もしかするとキャバ嬢に向いていないのではなく、今働いているお店が合ってないのかもしれませんよね?

たとえば客層を考えてみるとクラブやキャバなどでも違ってきます。落ち着いたお金持ちを接客するよりも若いサラリーマンを接客するほうが得意という人もいますし、他にもお店のコンセプトと自分があっていない場合もありますよね。

黒髪の清楚な20代後半のお姉さんの中に、10代のギャルが混ざれば違和感がすごいですよね?

お客さんもそのコンセプトを目当てにお店に来ているのでその中だと指名が取りにくい、となるのも仕方のない事です。

そんな時はいっそのこと「お店を変える」という手を取るのも1つの手段です!自分に合っているお店の方が今後を考えてもステップアップできます!

もしも「違う店を見てみたい」となった時はお気軽に中洲派遣のユニバースにご相談くださいね!


おわりに

いかがでしたでしょうか。
自分の限界を自分で決めるよりも客観的に見ることで解決できる問題も多いものです。
まずは向いてる、向いてないよりも1つずつをしっかりと考えて行動すると自然と結果はついてくるものです。

そして一人で悩まないことです!!
もしもそれでも「向いてないかも」という時は気軽に相談してもらえれば全力でサポートさせていただきます。

1人で悩む前にキャバクラのプロの我々にお任せください!


関連記事

ピックアップ記事

2018.12.28

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る