中洲のキャバクラをや辞める時

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いまキャバクラで働いている女性やこれから中洲のキャバクラで働こうと思ってる方も、いずれはお店を辞める時がきます。

中洲のキャバクラ自体を辞めてしまって、二度と働かない等方はいいのですが、今後も別のお店で働いていこうと思っている方に、今のお店を辞める時の注意点をまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

実は、キャバクラの辞め方というのはとても重要でなんです。
女性がお店を辞める時に、ちゃんとした手順を踏まなかったためにトラブルになるというのがよくあります。

■辞める時はいつか必ず来る
キャバ嬢という職業は、一生働ける仕事ではありませんよね。もちろん長く働く女性もいますが、大抵の女性は若いうちに卒業をする人が多いものです。

キャバ嬢という職業には年齢制限というものはありませんが、若い女性の方が需要が高く、20代後半や30代前半で引退する女性が多いのが事実なんです。

こういう職業なので、一般的な会社にあるような定年というものはありません。自ら「辞めます」という意思を示す機会が遅かれ早かれ必ずやってくるのです。

■具体的に辞める際の手順はどうすればいいのか?
最初に必須なのは「最低でも1ヶ月前に申告する」という事です。これが無ければ、給料が最低時給で計算されたりする事があります。これはどんな企業にあっても当たりまえの常識ですが・・・そして、辞める際にしっかりと理由を話す事も大事です。

入りたての女性なら「自分が続けていける自信がない」や「想像とのギャップがあった」などが無難なところですね。また、他のお店に移転したい場合もちゃんと理由を話しましょう。ここでしっかりとお店の人と話し合うことで、時給が上がったり、フリーの席にの機会が増えるなど待遇が良くなるなんてこともよくあります。

次に、今まで指名をしてくれていたお客さんにもちゃんと連絡をしましょう。お客さんもなにも知らされずに突然目当てのキャバ嬢が店を辞めていたなんてことになると悲しい思いをしますので。

しかし、もし移転する場合、お店の中では次のキャバクラについて話す事は控えましょう。他のお店の宣伝をしているようなものなのでスタッフさん達もいい気がしないですからね。

次の勤務先を教えるならLINEや電話でこっそりするのが無難です。ここで注意をしなければいけない事が1つあります。
お店を辞める事が決まった後は、なかなかフリーの席につけなかったりヘルプの女の子が自分の指名のお客さんと連絡先を交換したりすることが増えるかもしれません。

しかしこれは決して嫌がらせでしているわけではなく、お店の人も今後の利益を考えた上で辞める女の子より店に在籍をし続ける女の子を優遇しているのです。
「私辞めるから嫌われたのかな?」と思ったりして悩む必要はまったく無いの安心してくださいね。

■おわりに
今回の記事をまとめるなら「辞める時に感謝の気持ちを持つ」ということがとても大事だということです。「もう辞めるし私に関係ないや」と考えを持つと「迷惑をかけてもいいや」となりますが、感謝の気持ちを持てば自然と迷惑のかからない辞め方を選択するものです。

自分が稼ぐためにお客さんやお店のスタッフさんやキャストさんなど色んな人の協力があったはずです。そんな人たちに迷惑をかけない辞め方を選びましょう♪

でも、中洲のキャバクラで働く際は派遣という手もあります。毎回派遣先のお店も違いますし、辞めるという概念がありません。嫌なお店や行きたくないお店、嫌なお客さんやスタッフのいるお店は、二度と働かなくていいのですから。

関連記事

ピックアップ記事

2018.4.9

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー3名急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る