アウターの上手い断り方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャバクラで働くと、お店の中だけで接客するだけではなく、同伴やアフターでお店外でお客さんと会うことがあります。

ちなみに同伴は自身の売り上げにもなります。当然お店の売り上げにもなりますので、ノルマの対象にもなる場合があります。

同伴とは、お店に行く前にお客さんと食事に行くことです。食事代も浮きますし、一緒にお店に行くのでドタキャンやキャンセルの可能性も減ります。

キャバ嬢としてやっていくには、同伴は欠かせない部分ではあります。ですが、派遣であればそんな心配は必要ありません。

ですが、アフターに関してはお店の売り上げに一切関係ありませんし、そのかわりノルマもありません。また、送迎もされない場合もあります。

アフターは次回来店につながりやすいという点と、単純に楽しいお客さんだからという理由でアフターについていくことがあります。ですが、強引に指名やボトルなどを入れてもらったから、断れないでつていくハメになることもあるでしょう。

基本的にお客さんなので嫌な気分にすることは避けたいところです。


では、アフターの上手な断り方は?

基本的にアフターは自分が行きたいのであればつていっても全く問題はありません。

アウターに誘うお客さんも、キャバクラ慣れしていれば教科書通りの断り方をしても通じない場合もあります。そのため、アフターを断る場合は。「その日は行けない」という理由を用意しなければいけません。

もちろん、すべてのアフターを断りたい場合にはその理由を事前にいくつか用意しておくことも大切です。

一番ダメなのは、「明日朝が早いから」です。これは言い訳としては弱くなります。お客さん側がもっと早い場合もあるからです。次はいつ行ける
かを突っ込まれることもあります。

キャバクラ嬢として働く場合はアフターはお客様次第はすべて断ることは難しいでしょう。そのために、同僚の女の子と仲間を作って複数で同伴に行く同盟を作っておきましょう。

アウターをすべて断るには、それなりの理由が必要なります。「行きたくないから」というような断り方は絶対にNGです。

親と同居で介護があるや昼の仕事で早朝から運転しないといけない、犬やわんちゃんを飼ってるので、世話をしないといけないからなど、自分の中で何か行けない理由を設定して置くことが大切です。

キャバクラ派遣であれば、もし困った時は派遣であれば会社に電話すれば対処法も教えてくれますので、安心ですよ。

関連記事

ピックアップ記事

2018.4.9

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー3名急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る