キャバクラ派遣でお客さんに連絡先を聞かれた時の上手な対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲のキャバクラで働く際に、避けて通れないことがあります。それがお客様から連絡先を聞かれることです。もちろん、教えたい場合には何も問題はありません。

キャバクラ派遣とはいえ、お客様には派遣の女の子なのかどうかはわかりません。もし、お客様に気に入られた場合は、当然連絡先を聞かれます。

男性は当然ながら楽しくお酒を飲もうとする人と、キャバ嬢を口説こうという人とに分かれます。後者の場合は、気に入られれば関係なく連絡先を聞いてくるのが男性客です。

その際に、他のキャバ嬢の指名のお客さんに連絡先を聞かれた場合には絶対に連絡先を教えてはいけません。

これは、暗黙のルールでキャバクラの世界では常識的なことです。お客さんもわかっている人と、わからずに聞いてくる人、わかってても聞いてくる人と、様々です。

もちろん、他の子を指名している場合は、そのことを理由に断っても大丈夫です。「●●ちゃんに怒られますよ」のような感じで伝えても大丈夫です。

それで大抵の男性は引いてくれます。

ですが、お酒を飲んでいるとお客様が酔っていたり、どうしても強引な人であった場合には、すぐにお店のスタッフに相談しましょう。その場しのぎのつもりで教えてしまうと、後で必ず問題になります。

自分にはそんなつもりがなくても、お客様を横取りするつもりだと言われても、後からでは通用しないこともあります。悪質な場合はクビになったり、派遣嬢であっても出入り禁止になったりします。そうなると中洲では働けなくなってしまいます。

キャバクラ派遣の女の子のお仕事は、あくまでもヘルプということを忘れてはいけません。指名の女の子が席を離れた時のつなぎ役です。

男性が嫌な気分にならないように、指名の女の子が席に戻るまでの相手役に徹しましょう。

連絡先を聞かれた際の断り方などは、派遣会社に登録をすれば事前に教えてくれますので、気軽に相談してみましょう。

中洲のキャバクラ派遣に登録の際は、ユニバースへ気軽に相談してくださいね。

関連記事

ピックアップ記事

2018.4.9

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー3名急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る