キャバクラで店外デートは絶対?断れない?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中洲のキャバクラで働く際に気になるのが店外デートではないでしょうか?

店外デートとは、お店以外でお客さんとデートをすることです。基本的にお店以外で会う行為なのでキャバ嬢にとっては余りメリットはありませんが、お客さんにとってはお店以外で会うので特別感が得られるので、嬉しいですよね。

そもそもなぜメリットもないのに店外デートをするのかというと、太客と言われる常連客などを次回来店に繋げるためという理由がほとんどです。他には欲しいものを買ってもらうなどの理由もあります。

男性客にとっては、お店以外で二人で会えるので口説く絶好のチャンスとなります。

ですから、もし個人的に好意を持っていないのであれば、会う時間もあらかじめ決めておくことが大切です。余り夜遅いとホテルに誘われたり、断るのが大変です。

お昼間に会って3〜4時間程度で切り上げましょう。余り長く会ってしまうと、飽きられてお店に来てもらえなくなる可能性もあります。

何事もお客さんをお腹いっぱいにさせないことが大切です。もう少し一緒にいたかったなぁと思わせるくらいがベストです。

また、お酒も飲みすぎないようにしましょう。判断応力も低下しますし、お客さんも口説きにかかりますので、「お酒を飲まないで話したかった」「今日は仕事じゃないからお酒飲まなくていいから嬉しい」など、なるべく飲まないでいい言い訳を考えておきましょう。

それと、なるべく待ち合わせ場所や解散場所は自宅以外にしましょう。迎えに来てもらったり、送ってもらったりすると家バレで面倒になる事も考えれます。

初めて店外デートをするお客さんの場合は、お客さんの車に乗るもの注意が必要です。どこに連れていかれるかわからないので、リスク回避は必須です。

そもそも店外デートをしなければいけないキャバ嬢の理由は、基本的には売上を上げるためです。売上を上げれないキャバ嬢はお店には残れません。

時給を下げられたり、出勤を減らされたりして、最終的にクビになります。

全てはお店に残るために、売上を上げて稼ぐために店外デートをするのです。もちろん好きなって本当にデートをするキャバ嬢もいますが、ごく少数です。

そんな店外デートを断る方法もいくつかあります。

店外デートを全くしないとい決めている場合には簡単で、そのままはっきりお店以外では会わないと伝える事です。

その他にも、「まだデートをするほど仲良くなっていない」や「シャンパン入れてくれたら」「後○○回お店に来てくれたら」「○○を買ってくれるなら」など、そのお客さんにとって無理そうな条件を出す方法も有効です。

全ては、どんなお客さんかを見極めれるかが大切です。


そんな面倒から解放されるのは、キャバクラ派遣に登録する以外ないでしょう。

派遣は売上ノルマがありませんし、時給があらかじめ決められているので売上に左右されることはありません。

ですから、お客さんと連絡先を交換する事もないので会うことになりにくいのです。お店で直接誘われても、どうしても断れない場合は自分の連絡先を教えずに相手の連絡先を聞いてそのまま連絡をしないというのも手です。

同じお店に派遣される事も同じお客さんに会う事も確率は限りなくゼロに近いですし、そこそも同じお店にはいかない選択もできます。

派遣の最大のメリットは売上ノルマや罰金、お客さんとの面倒な事から全て解放される事なんです。

自分が働きたい時に働いて、お給料もその場で現金でもらえます。送迎もヘアセットもドレスレンタルもあるので、派遣キャバ嬢はメリットが盛りだくさんです。

他にもお友達と一緒に同じお店で働きたいなんてわがままもOKです。

これだけメリットがあればキャバクラ派遣を選ばない理由はありませんよね。

登録も簡単なアンケートに答えてもらうだ毛なので、履歴書も不要です。

中洲キャバクラが大変で辞めたいと考えている方や、中洲キャバクラが未経験で心配な方はぜひユニバースへご連絡ください。

あなたの不安を安心に変えることをお約束いたします。

関連記事

ピックアップ記事

2018.4.9

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー3名急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る