中洲のキャバクラの罰金っていくら払うの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャバクラで働くと罰金があるという話を聞いたことはありませんか?でも、実際は罰金の種類や仕組みなど、キャバクラの罰金システムについて徹底解説します。これから中洲のキャバクラで働こうと思っている方はぜひ参考にしてくださいね。

どのキャバクラ店にも罰金システムがあるのか?

全てのキャバクラ店に罰金があるわけではありません。店によって色々な罰金システムを採用しているところもあれば、一切罰金を取らないとう店もあります。

そもそも労働基準法的に罰金制度は金額によってはNGなものでもあります。しかし、店としてはスタッフを管理するために罰金制度を利用しているところが多いのも事実です。

では、どんな場合に罰金を取られてしまうの?

・遅刻や当日欠勤

・無断欠勤

・ノルマを未達成

上記のような状態になってしまうと、罰金の対象になってしまうことがあります。複数回やったら罰金といった感じではなく、1回ずつで罰金が発生するシステムです。

金額に関してはお店によって異なりますが、例えば時間帯にもよりますが、遅刻であった場合には、1回5,000円前後の設定になっていることが多いです。

【罰金例】

・遅刻罰金・・・30分あたり2,000円

・欠勤罰金・・・月曜日から木曜日:許可あり10,000円・無断20,000円

・ミーティングの欠席罰金・・・10,000円

罰金には上限が決まっている

罰金はいくらでも取れるわけではありません。労働基準法で決まっています。

・罰金は1日分の賃金の半分を超えてはいけない

・賃金支払における賃金総額の10分1を超えてはいけない

要は、1日の日給が20,000円であれば10,000円を超える罰金を取ることはできません。月給が50万円であれば、50,000円を超える罰金を支払うことも禁じられています。

ただし、労働基準法を守っていない店も多く、罰金を設けているキャバクラ店は存在しています。困った時には、一人で悩まずに弁護士などの専門家に相談するべきです。

罰金制度がある店では働きたくない方へ

お店に雇用されてしまうと、罰金やノルマなどの精神的プレッシャーとの戦いになります。そんな辛い状況が嫌な方には。派遣で働くことをお勧めします。

もちろん派遣だからといって、当日欠勤やドタキャンはよくありません。罰金こそないですが、そういった方はご自身が希望のお店で働けなくなります。

中洲派遣は希望シフトですから、無理をしてお仕事をせずに働ける時だけお仕事をすればいいのです。

罰金やノルマから解放されてキャバクラで働きたいなら、断然派遣がお勧めです。

関連記事

ピックアップ記事

2018.12.28

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る