中洲キャバクラで働く大学生のメリットとデメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大学生活は学業に部活にサークルに飲み会や合コンなどなど、忙しい日々ですよね。お金もないので、合間を見つけてバイトもしないといけない・・・

そんな大学生に人気なのがキャバクラのバイトです。では、大学生にとってどんなメリットがあるのでしょう?デメリットもきちんと紹介しますので、これからキャバクラでもアルバイトを考えている方はぜひ参考にしてくださいね。

女子大生がキャバクラで働くメリット

メリット.01 高い時給が魅力的

やはりなんといっても時給が高いのが魅力です。未経験でも最低2000円以上はもらえます。それから徐々に3000円、4000円。中には5000円を超える人もいます。 居酒屋や販売などのアルバイトではこんな時給はまずもらえないでしょう。

メリット.02 夜働くので昼の仕事に影響がない

キャバクラは夜20時や21時から働くことがお多いので、大学の授業に影響はありません。しっかり勉強をしてから、アルバイトすることが出来ます。 また、平日よりも週末の方がキャバクラは忙しいので、平日は学業に専念して週末だけ働くことも可能です。

メリット.03 シフトが自由なので、学業とプライベートも充実させることができる

キャバクラは普通のアルバイトと違って週末だけ働く、や長期休暇が取りやすいのでテスト期間や旅行に行くなどの休みが取りやすいのも魅力です。

逆に、大学の夏休みなどに集中してガンガン稼ぐことも出来ますので、ありがたいですよね。

メリット.04 コミュニケーション能力が上がる

キャバクラに来るお客さんは、大学生にとってはお父さん世代の方が多いでしょう。当然、会社ではある程度の地位にいる方が多いので、普段からそういう方と接していると、就活の面接なども緊張せずに話すことができるでしょう。

初対面の人と話すことにも慣れるので、対人関係能力も培われます。

リット.05 綺麗に、可愛くなれる

キャバクラで働くと、美意識が高まります。周りにはネイルやマツエク、エステなど美容にお金をかけたキャバ嬢がたくさんいます。

そんな中にいると、自然と自分も美容に気をかけるようになります。ヘアメイクをしてドレスを着ることが大受なりますので、自然と綺麗に可愛くなっていきます。

その他

キャバクラに来るお客さんは、経済的にゆとりがある方が多いので、大学生活では会えないような方と接する機会が多くなります。

経営者や有名人、スポーツ選手や弁護士に医者など、高収入の方と出会えるのも魅力です。プライベートでもよくしてくれる人もいるので、ゴルフに行ったりお買い物に行ったりと、あなたが知らない世界を知ることもできるでしょう。


大学生がキャバクラで働くデメリットとは?

デメリットはそれほどありませんが、強いていうなら以下の3つがあげられます。

デメリット.01 金銭感覚が狂いがちになる

お昼間のアルバイトに比べえると、かなり高い収入になりますので、買いたいものや食べたい物が自由になります。

また、同伴などをすれば普段ではいけないようなお店に連れて行ってもらえることもあります。

そう行った生活を続けていると、普通の金銭感覚からはかけ離れたものになっていきますので、キャバクラを辞めて普通のお仕事を始めた時にギャップに耐えれなくなる人もいますので、注意が必要です。

デメリット.02 学生であってもノルマは当たり前

キャバクラ店は学生であってもそうでなくても、同伴ノルマや売上ノルマがあります。高い時給をもらうということは、お店としては売上を上げる必要があります。そのために、女の子に厳しいノルマを課すお店が多いのです。

プレッシャーに耐えれずに辞めてしまう子もいるのも現実です。そんな人にはキャバクラ派遣がおすすめですよ。

デメリット.03 アルバイトが楽しすぎて学業がおろそかになりがち

キャバクラのお仕事は、自分にあってると感じつ人にとってはとても楽しいお仕事になります。だんだん学業がおそろかになって、キャバクラバイトにのめり込む女の子も多いので、注意が必要です。

まとめ

キャバクラで働く際は、メリットとデメリットをよく把握した上で学業と両立できるようにしましょう。あくまでも大学が本業であってアルバイトが本業ではありません。決めるのはあなたですが、しっかりと考えて学生生活をエンジョイしてください。

関連記事

ピックアップ記事

2018.12.28

中洲キャバクラ派遣の送迎ドライバー急募!!

もしあなたが車を持っていて副業を考えているなら、中洲のキャバクラ派遣の女の子の送迎ドライバーがオススメです! ガソリン代も支給してくれ…

おすすめ記事

ページ上部へ戻る